「生物多様性感じてもらえた」 世界遺産登録へ島の自然視察

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」についてのIUCN現地調査の感触を報告する環境省などの担当者ら=12日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター

 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の現地調査を終えた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関。12日に環境省や県の担当者などが石垣市で開いた記者会見では、報道陣から訓練場跡地で米軍の廃棄物が見つかっていることについての質問が相次いだが、環境省側は「防衛省に適切に回収してもらっている」と述べるにとどめた。
 政府は2017年に奄美・沖縄を推薦したが、国際自然保護連合(IUCN)は翌18年、沖縄本島の米軍北部訓練場跡地の森林が推薦範囲に含まれないことなどを問題視し「登録延期」を勧告。政府は今年2月、跡地の森林を追加して区域を拡張し、再推薦した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  2008年11月以降運休状態が続いている石垣―波照間航空路線運航の早期再開を目指す竹富町は6日午後…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は16日、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の施策について、効果検証を行い…
ページ上部へ戻る