八重山から大城璃央さん出場 技能五輪、県庁で結団式

結団式では、選手らが玉城知事(中央)の掛け声に合わせ、ガッツポーズを見せ、大会への意気込みを示した=21日午後、県庁

 県は21日午後、第57回技能五輪全国大会・第39回全国アビリンピックの選手団結団式を行った。愛知県で11月中旬に開催され、県内からは53人の選手が出場。八重山からは、アビリンピックのパソコンデータ入力競技に大城璃央さん(19)=沖縄ダイケン八重山支店=が出場する。
 技能五輪は、青年技能者の技術向上と、技能に対する理解を広める目的で、アビリンピックは障害者の職業能力の向上と雇用促進を目的に、毎年、同会場で開催される。今回は沖縄県から、技能五輪14職種に39人、アビリンピック14種目に14人が、それぞれ参加する。2018年は沖縄県内で開催された。
 結団式では、玉城デニー知事から両大会の選手代表に県旗が授与された。玉城知事は「時代を担う若い人材が、技能を通じて社会に貢献する生き方を学んでほしい」とエールを送った。
 技能五輪選手代表の玉城仁千春さんは「技能の重要性をアピールできるよう一丸となり頑張ろう」と呼び掛けた。アビリンピック選手代表の赤平菜々美さんは「技能を生かし、優勝を勝ち取れるよう頑張ろう」と力を込めた。
 結団式後、大城さんは「ミスをなくし、時間内に早く正確に(パソコンのキーボードを)打てるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが住民投票の実施を求めて…
  2.  竹富島の環境を保全しようと、9月1日から入島料の徴収がスタートして約2カ月が経過した。徴収業務に当…
  3.  県内の更生保護関係者が集まり、功労者を顕彰する県更生保護大会が20日午後、那覇市内のホテルで開催さ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る