八重山から大城璃央さん出場 技能五輪、県庁で結団式

結団式では、選手らが玉城知事(中央)の掛け声に合わせ、ガッツポーズを見せ、大会への意気込みを示した=21日午後、県庁

 県は21日午後、第57回技能五輪全国大会・第39回全国アビリンピックの選手団結団式を行った。愛知県で11月中旬に開催され、県内からは53人の選手が出場。八重山からは、アビリンピックのパソコンデータ入力競技に大城璃央さん(19)=沖縄ダイケン八重山支店=が出場する。
 技能五輪は、青年技能者の技術向上と、技能に対する理解を広める目的で、アビリンピックは障害者の職業能力の向上と雇用促進を目的に、毎年、同会場で開催される。今回は沖縄県から、技能五輪14職種に39人、アビリンピック14種目に14人が、それぞれ参加する。2018年は沖縄県内で開催された。
 結団式では、玉城デニー知事から両大会の選手代表に県旗が授与された。玉城知事は「時代を担う若い人材が、技能を通じて社会に貢献する生き方を学んでほしい」とエールを送った。
 技能五輪選手代表の玉城仁千春さんは「技能の重要性をアピールできるよう一丸となり頑張ろう」と呼び掛けた。アビリンピック選手代表の赤平菜々美さんは「技能を生かし、優勝を勝ち取れるよう頑張ろう」と力を込めた。
 結団式後、大城さんは「ミスをなくし、時間内に早く正確に(パソコンのキーボードを)打てるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染が全国で拡大していることを受け、石垣市の中山義隆市長は3月31日、市役所で…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は3月31日朝、玉城デニー知事…
  3.  大都市圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、石垣市の中山義隆市長が感染の可能性がある観光…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  ソフトダーツのプロ・アマ混合試合「JET(ジェット)in石垣島G1」(主催・㈲アールズカンパニー、…
ページ上部へ戻る