飲酒運転根絶呼び掛け 県民大会、条例制定10年

書道パフォーマンスで書かれたメッセージが大会最後に参加者全員で読み上げられ、飲酒運転根絶を宣言した=30日午後、浦添市てだこホール

 飲酒運転根絶県民大会(主催・県、県議会、県警)が30日午後、浦添市のてだこホールで開催された。県飲酒運転根絶条例制定10年の節目に当たり、小禄高校芸術教養コース書道専攻の生徒らが模造紙に飲酒運転根絶のメッセージを書き、参加者全員で読み上げた。
 同条例は2009年、当時の石垣市区選出県議だった辻野ヒロ子氏の提案で制定された。県警だけでなく、自治体や関係機関・団体、企業が取り組みを強化し、飲酒運転に起因した人身事故が約4割減少するなど、一定の成果を上げているという。
 謝花喜一郎副知事は、飲酒運転の検挙件数が2018年に2222件となり、条例が制定された2009年に比べ約4割増加したと指摘。「広報活動を実施し、県民総ぐるみで飲酒運転のない社会環境づくりに取り組んでいる」と強調した。
 県警の筒井洋樹本部長は「飲酒運転の検挙数は2年連続で2000件を超え、昨年は実数で全国最多だった。根絶は未だ道半ばだ」と指摘。県民の意識向上を図るため、取り組みを継続する考えを示した。芸能団体による和太鼓演舞やダンス、歌のパフォーマンスが行われた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町議会(新田長男議長)12月定例会では一般質問最終日の12日、上盛政秀、仲里俊一、那根操の3氏…
  2.  宮良小学校(仲間一史校長、全校児童133人)で、児童による無言清掃の試みが7月からスタート。毎日、…
  3.  石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)は12日、構内で2019/2020年期の製糖開始式を開いた。製…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄防衛局(田中利則局長)は3日、普天間飛行場代替施設建設事業の環境監視等委員会を那覇市内のホテル…
ページ上部へ戻る