高校生が操船体験 海保、巡視船で受け入れ

体験航海で操船する八重高生(中央)と海上保安部の職員ら=6日午前、巡視艇やえづき船内

 石垣海上保安部は6日、八重山高校1年の生徒7人をインターンシップ生として受け入れた。生徒たちは巡視艇やえづきの体験航海、他船の消火訓練体験、巡視船かびら見学、心肺蘇生法体験などを行った。
 巡視船でインターンを受け入れるのは初めて。これまでのインターンは巡視船内の見学だけだった。
 海上保安部の職員たちは「汽笛を3回鳴らすと後進、1回は右、2回は左」などと操船を説明。生徒たちは緊張しながらハンドルに手を握った。
 他船での消火訓練体験では、プレジャーボートの炎火を想定し、遠くにある船に向かって放水した。
 西表夢叶(ゆうと)君(15)は「いつも海で海保の人が働いているところを見て、仕事を体験したいと思った」と話し、実際にハンドルを握った体験について「少し感覚が違っただけで大きく船の方向が変わる」と振り返った。
 巡視艇やえづきの髙城陽平船長は「動いる船を見せたためにリアリティがある。職場見学がちょっとでも心に残ればいい」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…
  2.  政府は20日、石垣市の尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」の…
  3.  石垣島で春季一次キャンプ中の横浜F・マリノスは19日、サッカーパークあかんまで海邦銀行SCと練習試…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票に不参加を表明した5市に抗議するため、宜…
ページ上部へ戻る