「大きく成長し島に戻る」 思い描いた西表伝える 上原小児童町長発表会

沖縄離島体験交流促進事業に参加した上原小の児童らと竹富町関係者ら=6日午後、竹富町役場2階ホール

 2019年度沖縄離島体験交流促進事業(主管・県企画部地域離島課)の町長発表会が6日午後、竹富町役場2階ホールで開かれた。7月に伊良部島に派遣された上原小学校の5年生11人が4つの班に分かれ、「ドームのある町づくり」「西表島宇宙センター」など、出身島とは異なる島での体験を経て思い描いた、将来の西表島を発表した。青木一裟(いっさ)君は「僕たちは西表島が大好きで、そこに育っていることを誇りに思う。15の春で旅立ち、大きく成長し、この島のために戻ってくる」と誓った。
 1班は「ドームのある町づくり」を提案。冬に観光客が減少することから、屋根を強化プラスチックで設計した「星空ドーム」を建設し、ライブやプロ野球キャンプで集客を狙う。ホテルや倉庫はドームの地下に造り、ドーム内で売られる飲食店では西表島の特産品を使い「地産地消に貢献できる」と強調した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したかりゆし病院の境田康二院長は30日、八重山合…
  2.  石垣市のかりゆし病院で起きた新型コロナウイルス院内感染の陽性者は30日現在、55人に上り、県内で発…
  3.  安定する数字と言えば「3」か。3本の脚をもつ古代中国の金属製の器「鼎(かなえ)」が浮かぶ。が、それ…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立…
ページ上部へ戻る