【金波銀波】竹富町小浜島で先日…

 竹富町小浜島で先日開かれた結婚式。なんと30年ぶりに、新郎新婦とも島出身者だという。同町では夫婦の双方、あるいは片方が移住者であるケースが多く、両親とも島出身者という子どもは、むしろ少数派になりつつあると聞く。小さな島であればあるほど、移住者のウエイトが大きくなりつつある◆移住者同士から生まれた子どもも、れっきとした島民だが、そのルーツは島ではなく東京や大阪などにある。こうした傾向は八重山全体で進んでいるように感じられ、もう「島民」の判断基準はDNAではなくなっている◆八重山は昔から移住者を積極的に受け入れてきた土地柄で「合衆国」と呼ばれることもある。出自を気にしない寛容さがあるのだ。多分に差別的な「ナイチャー」(本土出身者)や「裏石垣」(市街地以外)という言葉も、昔はよく耳にしたが、最近は表立って使われることはない。いずれ八重山の「純血種」が消えていくのも時の流れだろう◆だが気になることもある。島の伝統文化の継承に熱心なのは、島民よりも本土の人であることが多い。今や「とぅばらーま」を歌うのがナイチャーで、聞き惚れるのが島民であることもしばしばだ◆島の精神は島の人間が受け継ぐ。移住者が増えても、その原点は見失ってほしくない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染者が県外から八重山を訪れる「移入例」を懸念した地元住民が、SNS上で悲鳴を…
  2.  大川にある県立旧八重山病院の解体工事を予定通り新年度中に着手することにしているが、新型コロナウイル…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の宮里達也副会長は2日午後、県庁で会見し、県内で4日か…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…
ページ上部へ戻る