4540人エントリー 26日に石垣島マラソン 中央運動公園スタート

 第18回石垣島マラソン(主催・石垣市など)が26日、市中央運動公園を発着をコースで行われる。全国47都道府県から4540人がエントリーし、東京五輪・パラリンピックで市がホストタウンを務めるサンマリノ共和国、ルクセンブルク大公国の大使がスターターとなる。中山義隆市長はこの日の記者会見で「多くの市民に沿道で声援してほしい」と呼び掛けた。
 フルマラソン、24キロ、10キロの3種目。フルと24キロが午前9時、10キロが9時20分にスタートする。
 エントリーしているのは県内2494人、県外1973人、海外73人で、ふるさと納税申し込み者39人も含まれる。海外からのエントリーは香港の50人が最多。
 スターターはフルと24キロがサンマリノのマンリオ・カデロ大使、10キロは市出身のバンド、きいやま商店。
 大会後の交流会は総合体育館で開かれ、きいやま商店、市出身のデュオ、やなわらばーが出演予定。交流会の模様はFMいしがきサンサンラジオで中継される。
 市総合体育館メインアリーナでは25、26の両日、八重山の美しいサンゴ礁の保護活動を応援する募金活動を行い、募金者にはチャリティバンドを配布する。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る