領土館「体感的に解説」 きょう開館、尖閣コーナーも セレモニーに市長、副知事

㊨移転した「領土・主権展示館」の開館式でテープカットする衛藤領土問題担当相ら(左から4番目)㊧「領土・主権展示館」の尖閣諸島コーナー入口=石垣市提供

 政府は20日、石垣市の尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」の移転作業を完了し、開館式を開いた。衛藤晟一領土問題担当相はあいさつで「体感的に分かりやすく解説できていると自負している」と強調した。一般オープンは21日から。
 コンセプトは「『進化した』『体感的な』『広がりを持った』展示館」。新たな展示館は、東京・霞が関の虎ノ門三井ビルディングの1、2階に位置し、専有面積は従来の約7倍の約700平方㍍に拡張された。
 視覚的な技術も取り入れ、北方領土についてプロジェクションマッピングを用いてロシアとの交渉の経緯などを説明するなど展示内容の充実を図った。竹島や尖閣諸島に関し、韓国や中国の主張に反論するパネルも設置した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する中、鳩山由紀夫元首相が16日、ツイッターで、中国に百万…
  2.  竹富町役場は22日からの3連休を使い、新庁舎建設に伴う現庁舎から仮庁舎へ移転する。仮庁舎の供用開始…
  3.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で3人となった。最初の2人はクルーズ船の乗客と接触…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る