優遇制度維持の必要性強調 21世紀ビジョン総点検を報告 県振興会議

報告書を手渡した西田氏(左)と受けた玉城氏。玉城氏は持続可能な開発目標(SDGs)の重要性も強調し、西田氏も理解を示した=27日午後、県庁

 沖縄県振興審議会の西田睦会長は27日午後、県庁に玉城デニー知事を訪ね、沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)等総点検報告書素案を手渡した。西田氏は「施策により、多様な分野で成果が認められる。高率補助制度や一括交付金制度、沖縄振興税制が有効に寄与している」と各種優遇制度維持の必要性を強調した。
 玉城氏は「(各種優遇制度が)今後も重要であるとの意見を重く受け止める」と応じた。
 審議会は県から委嘱を受け、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」効果などを総点検してきた。
 9つの部会で構成され、昨年7月から11月までそれぞれ5回ずつ、計45回の会合を開催した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したかりゆし病院の境田康二院長は30日、八重山合…
  2.  石垣市のかりゆし病院で起きた新型コロナウイルス院内感染の陽性者は30日現在、55人に上り、県内で発…
  3.  安定する数字と言えば「3」か。3本の脚をもつ古代中国の金属製の器「鼎(かなえ)」が浮かぶ。が、それ…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  当時の舟を推定して復元し、旧石器時代に大陸から日本列島に渡ってきた祖先の大航海の一部を再現する「3…
ページ上部へ戻る