優遇制度維持の必要性強調 21世紀ビジョン総点検を報告 県振興会議

報告書を手渡した西田氏(左)と受けた玉城氏。玉城氏は持続可能な開発目標(SDGs)の重要性も強調し、西田氏も理解を示した=27日午後、県庁

 沖縄県振興審議会の西田睦会長は27日午後、県庁に玉城デニー知事を訪ね、沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)等総点検報告書素案を手渡した。西田氏は「施策により、多様な分野で成果が認められる。高率補助制度や一括交付金制度、沖縄振興税制が有効に寄与している」と各種優遇制度維持の必要性を強調した。
 玉城氏は「(各種優遇制度が)今後も重要であるとの意見を重く受け止める」と応じた。
 審議会は県から委嘱を受け、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」効果などを総点検してきた。
 9つの部会で構成され、昨年7月から11月までそれぞれ5回ずつ、計45回の会合を開催した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  7月に予定される参院選沖縄選挙区(改選数1)に出馬を予定する高良鉄美琉大名誉教授(65)は4日、社…
ページ上部へ戻る