県との情報共有に課題 豚コレラ対処、陸自が報告会

報道陣の取材に応じた対処班長の山内1曹=28日午前、那覇駐屯地

 陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は28日午前、県からの要請で8日から20日まで行った豚コレラ(CSF)に対する災害派遣任務の報告会を那覇駐屯地で開催した。県との情報共有に課題があったことが指摘された。
 部隊の拠点は県が防疫センターを置いたうるま市の具志川体育館だった。派遣部隊の指揮官・内村直樹1佐は、県庁が活動現場と直接やり取りしたため「(陸自が)現場のニーズを把握するのに時間を要した」と述べ、具志川体育館にも県庁の現地調整所を設置すべきだったとの考えを示した。県が昨年6月、家畜伝染病関連の訓練を実施したことを受け「陸自も参加し県と認識を共有すべきだった」と述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国内外からIT関連企業や団体が参加した展示会「リゾテックおきなわ国際IT見本市2020」(主催・同…
  2.  県は29日、与那国町在住の70代女性が町内で初めて新型コロナウイルスに感染した、と発表した。町は3…
  3.  世界規模の総合観光イベント「ツーリズムEXPO(エキスポ)ジャパン旅の祭典in沖縄」(主催・日本観…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る