【視点】高まる感染リスクに備えを

 横浜港内に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、乗員乗客約3700人のうち、5日までに10人の新型コロナウイルス感染が確認された。県内各メディアの報道によると、同船は1日、那覇港に寄港し、約9時間半停泊。乗客2600人余が下船してバスやタクシーで市内を観光したという。このうち22人は再乗船しなかった。
 乗客に感染者が含まれ、那覇市内でウイルスを拡散させた可能性も否定できない。沖縄の感染リスクはさらに高まっており、こうなると、県内で患者が発生するのも時間の問題と考えたほうがいいのかも知れない。
 玉城デニー知事は3日の危機管理対策本部会議で「県内で感染者がいつ確認されてもおかしくない状況」と認めた。
 症状が出ない患者からウイルスがうつる事例もあるとされており、水際対策の効果は最小限に過ぎない。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県内で新型コロナウイルスの感染拡大が加速してきた。21日以降、ほぼ連日新たな感染者が確認されており…
  2.  県は4月1日付で「県蝶」を制定し、オオゴマダラを沖縄の新たなシンボルとする。オオゴマダラは、県内で…
  3.  健康食品メーカー「ユーグレナ」(東京)は石垣市の伊盛牧場(新川)、宮城菓子店(石垣)、那覇ベーカリ…

日付から記事を検索

2020年3月« 2月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  11日の県議会最終本会議では、中国公船による領海侵入に関する意見書も審議され、全会一致で可決された…
ページ上部へ戻る