道徳教科化など批判 前川喜平氏が講演

前川喜平氏の基調講演を聞く来場者ら(左)と教育講演会に臨む前川氏=13日夜、石垣市民会館大ホール

 元文部科学事務次官の前川喜平氏が13日夜、石垣市民会館大ホールであった教育講演会に登壇した。2006年度の高校日本史教科書の検定で、沖縄戦での「集団自決」の記述について「認めていたものを突然、認めなくなった。これはおかしい」と主張。自身で学問の自由の重要性を強調する一方、集団自決での軍命令の有無をめぐる学問研究の進展には一切触れなかった。多くの反証がなされている「従軍慰安婦」「南京虐殺」についても「歴史学が認めてきた事実」と断言し、「事実を政治的に否定する安倍さんたちは歴史修正主義者」と批判した。
 講演では、2018年度以降に実施されている「道徳教育の教科化」について、「学校教育が国家主義的、全体主義的なものに戻ってしまう。(教科書は)自己抑制や自己犠牲を美徳とする内容が多く、『個』と『地球』という観点がない」と強調。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染者が県外から八重山を訪れる「移入例」を懸念した地元住民が、SNS上で悲鳴を…
  2.  大川にある県立旧八重山病院の解体工事を予定通り新年度中に着手することにしているが、新型コロナウイル…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の宮里達也副会長は2日午後、県庁で会見し、県内で4日か…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る