人命救助の米兵に感謝状 北谷町「勇気ある行動」

北谷町から表彰を受けるロジャー・ハリー1等空曹=18日、北谷町役場

 北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉手納基地所属のロジャー・ハリー一等空曹に表彰状を手渡した。野国町長は「迅速な勇気ある行動」と感謝した。
 ハリー氏は7月、家族と訪れたアラハビーチで、おぼれて海中から引き揚げられた少年が横たわっているところに遭遇。地元のライフガードとアイコンタクトで胸骨圧迫や人工呼吸を施し、救命活動を行った。救急車が少年を収容するころには自発的な呼吸が回復。一命を取り留めた。
 ハリー氏は「助けを必要とする人を見て、体が勝手に動いて行動に移しただけ。大変光栄です」と謙虚に語った。
 ニライ消防本部の金城俊昭消防長は「現場に自分も居合わせたが、ハリー氏が人工呼吸をしてくれていた。ライフガードと連携し、素早い対応があったおかげで、救えた命だと思う」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「知って活かそうバガー(我)島の憲法『自治基本条例』」と銘打った集会(主催・同実行委員会)が17日…
  2.  日本ソフトテニス連盟は16日、全日本U―17チーム選手を発表し、八重山高校1年の高嶺心萌(16)が…
  3.  石垣中学校(宮良信浩校長、全校生徒552人)が17日午後、レインボーハートプロジェクトokinaw…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国の海上警備を担う中国海警局が、石垣市の尖閣諸島周辺の日本領海に公船「海警」を侵入させる頻度を増…
ページ上部へ戻る