春そこまで きょう啓蟄 セイシカの花ほころぶ

春の陽気に誘われ、淡いピンク色の花を咲かせたセイシカ=4日午後、石垣市バンナ公園

 5日は二十四節気の一つ啓蟄(けいちつ)。土の中で冬ごもりしていた虫たちが春の陽気を感じ、穴から出てくるころとされる。
 八重山地方は朝晩はまだ肌寒いが、日中は気温が上がり、春がすぐそこまでやって来ている。
 4日午後1時には竹富町波照間で平年より3・4度高い25・5度、石垣市登野城でも平年より3・2度高い25・3度を観測するなど、初夏を思わせる暖かさとなった。
 石垣市の県営バンナ公園南口にある「セイシカの花園」では、淡いピンク色のセイシカの花がほころび、春の到来を告げている。
 1週間前に開花に気づいたという公園管理スタッフの男性は「暖冬のせいか、今年はいつもより開花が早い」と話す。
 花はまだ二分咲き程度だが、日一日と日差しが暖かくなるにつれ、見ごろを迎えそうだ。 (南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立…
ページ上部へ戻る