県内7例目の豚熱発生 うるま市、440頭殺処分へ

 県は12日、県内で7例目の豚熱(CSF)疑似患畜がうるま市で確認されたと発表した。同日朝に第7回沖縄県特定家畜伝染病防疫対策本部会議を開催し、飼育されている440頭の殺処分や農場の消毒実施を確認した。
 発生農場は県内6例目の発生農場に近く、移動制限区域内で監視対象となっていた。10日に家畜防疫員が立ち入り検査を実施。豚熱の感染が疑われ、精密検査を実施した。
 今後は、飼育豚の殺処分と埋却を行い、周辺を消毒する。感染経路究明のため、国の疫学調査チームが調査を実施する。県は、農場消毒や野生動物の侵入防止など飼養衛生管理基準の順守を農家に指導する。
 玉城デニー知事は会議後、農協関係者と面談し、本島北部と南部からワクチン接種を行っていると説明。「検査を進めていた敷地内で出てしまった。終息できるよう努めたい」とコメントした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票に不参加を表明した5市に抗議するため、宜…
ページ上部へ戻る