閑散とした国際通り 苦境に立つ沖縄観光

新型コロナウイルス感染症の影響で人通りが減った国際通り=11日午前、那覇市松尾

 県都那覇市のメインストリート、国際通りが感染拡大を続ける新型コロナウイルスの影響で人通りが大幅に減り、閑散としている。中でも、観光土産品は客足が激減し、深刻な状況。右肩上がりだった沖縄観光にかげりが出始め、各方面にも多大な影響が及んでいる。
 日本トランスオーシャン航空(JTA)の県内、県外路線も搭乗客の落ち込みが激しい。
 11日、那覇から石垣に向かう621便の搭乗客は、座席数165人の3分の1に当たる54人と少なかった。客室乗務員の一人は「最近、私が乗った那覇―名古屋線では乗客がたった6人だった」と話した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は26日、石垣市で、市在住の女性、聖紫花の杜の入所者と看護師、かりゆし病院看護師の計4人が新たに…
  2.  石垣市は、老朽化が進む新川市営住宅の建て替え作業に着手する。現在は3階建てで3棟だが、5~9階建て…
  3.  ゴルフ場運営会社「ユニマットプレシャス」(本社東京)が石垣市にゴルフ場を建設する計画で、経済産業省…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  憲法記念日の3日、自主憲法制定沖縄県民会議(西田健次郎会長)は県立博物館・美術館で「新しい憲法をつ…
ページ上部へ戻る