「コロナ疎開」の観光客も 石垣島 〝安心安全〟心理働く

若者を中心に観光客がやや戻った川平湾=21日午前、石垣市川平

 新型コロナウイルスの感染拡大で観光客の減った石垣島にここ数日、卒業旅行の大学生を中心に客足が一定程度戻ってきた。当初は海外など他の旅行先を検討していたが、感染者増で敬遠し、国内で感染圏から離れる石垣島に行き先を急きょ変更した旅行者も少なくない。観光への打撃で悲鳴を上げていた地元観光業者は一筋の光明に期待感を抱いている。
 「バリ島に行く計画だったが、感染拡大で1週間前に旅行先を石垣島に変えた」
 島内一の観光名所、川平湾。卒業旅行で大阪府から友人と2人で来た大学生金山紗弓さん(23)は旅先変更の理由を話す。飛行経由地のフィリピンが入国制限を打ち出したことが決め手になったという。行程は3泊4日で石垣島に2泊、残り1泊を小浜島で過ごす。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は26日、石垣市で、市在住の女性、聖紫花の杜の入所者と看護師、かりゆし病院看護師の計4人が新たに…
  2.  石垣市は、老朽化が進む新川市営住宅の建て替え作業に着手する。現在は3階建てで3棟だが、5~9階建て…
  3.  ゴルフ場運営会社「ユニマットプレシャス」(本社東京)が石垣市にゴルフ場を建設する計画で、経済産業省…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、市森林区域にあっ…
ページ上部へ戻る