コロナ対策で小口融資2億円 県議会 今年度補正予算を可決

 県議会(新里米吉議長)は23日、本会議を開き、新型コロナウイルス感染症対策を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を全会一致で可決した。国が10日に発表した緊急対応策に関連する予算で、個人向けの小口融資に必要な資金2億2800万円が国庫から支出される。
 照屋守之氏(自民)は「知事が全首長を招集して会議を開き、市町村の状況を把握して取り組むべきだった」と指摘した。
 砂川靖保健医療部長は「今週中に常設の専門家会議を立ち上げたい」と述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)、同青少年育成委員会(大浜俊委員長)が18日、国立天文台VERA…
  2.  歴史「に」学ぶ。「を」ではない。歴史というものは、単なる知識の対象でなく、生き方を学ぶ(まねる)場…
  3.  八重山地域新型コロナウイルス対策本部は19日、医療法人上善会かりゆし病院の入院患者男女6人と職員1…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  当時の舟を推定して復元し、旧石器時代に大陸から日本列島に渡ってきた祖先の大航海の一部を再現する「3…
ページ上部へ戻る