コロナで生活に困ったら⑥ 住居確保給付金

 経済的な困窮が原因で家賃が払えない人に賃貸住宅の家賃額を供給する「住居確保給付金」。新型コロナウイルスの影響によって対象者が拡大された。
 対象は離職・廃業から2年以内、または休業などにより収入が減少し、離職などと同じ状況にある人。
 給付の条件は求職活動をすること、または自立相談支援機関の面接などの支援を受けること。
 これまで同給付金を受ける条件にハローワークで月2回以上の職業相談などがあったが、4月30日から新型コロナウイルス感染症に伴う経済情勢の変化により、しばらくの間、この条件を不要とするなど条件が緩和された。
 石垣市の相談窓口は市福祉部福祉総務課℡0980・87・6025。竹富町・与那国町は県就職・生活支援パーソナルセンター℡098・851・7105(相談時間は午前9時から正午、午後1時から午後4時)。
 竹富町・与那国町を管轄する県就職・生活支援パーソナルセンターではライン相談も実施中。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…
  2.  県農林水産部は19日から、新型コロナウイルスの影響で需要が低迷している県産農林水産物の消費拡大のた…
  3.  石垣市川平地区のわかば幼稚園と川平保育所を統合し、西部地区の子育て支援の拠点施設となる「川平認定こ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る