本島各地でにぎわい戻る 宣言解除後初の週末

食品売り場の様子。サンエーはアルコール消毒液の常備や、レジ付近をアクリル板で仕切るなど、感染防止対策を徹底した=16日夕、浦添市のサンエーパルコ

 県が新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言を14日付で解除したことを受け、沖縄本島では経済活動が徐々に再開している。宣言解除後、初の週末となった16日、国際通りや中南部の大型量販店など、各地で限定的だがにぎわいが戻り、買い物を楽しむ家族連れの姿が見られた。
 浦添市の大型量販店「サンエーパルコシティ」は1カ月の休業から営業を再開。営業時間を短縮し、午後8時には閉店したが、食品売り場やフードコートには多くの客が集まった。ほとんどの客はマスクを着用していた。
 店舗1階では、スタッフがエスカレーターから降りる客の手にスプレーで消毒用アルコールをかけた。食品売り場では、買い物客に1㍍以上の間隔を開けるよう求めた。
 上地文勝社長は「予想通りで、普通の土曜日に戻り始めている」と笑顔を見せた。自粛解除で客足は戻りつつあるが「こんな時だからこそ気を引き締めてやっていく」と感染防止対策に力を入れる考えを示した。
 フードコートにある飲食店の40代女性店員は「お客さまの数はふだんよりも多い」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東京五輪の自転車競技(ロードレース)に内定した石垣市出身の新城幸也=バーレーン・マクラーレン所属=は…
  2. 一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム(仲村覚理事長)は21日、沖縄や台湾の安全保障をテーマにした講…
  3.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る