外国人の法律相談に対応 財団が沖縄弁護士会と覚書

覚書に調印した與那嶺氏(左)と赤嶺氏=沖縄弁護士会館

 県国際交流・人材育成財団(與那嶺善道理事長)はこのほど、沖縄弁護士会との間で「外国人のための法律・生活相談に関する覚書」を結んだ。同財団の依頼を受け、外国人からの法律相談などに当たる。
 沖縄には120カ国から計1万6000人以上の県内各地に居住している。複雑で高度な法律相談などへの対応も増えると予想されるため、財団で対応できない法律問題の相談を在住外国人から受けた場合、財団は弁護士会に協力を依頼。弁護士会は、より専門的な対応が可能な弁護士を外国人に紹介し、解決を図る。
 財団は労働者、留学生、配偶者などの在留資格を問わず、外国人が行政や法律上の手続きやサービスを享受できるよう支援する「外国人のための法律・生活相談事業」を4月からスタートしており、既に弁護士会に相談した事例もある。
 今後、外国人相談者のビザや在留資格、労働問題、契約、事故などの生活上の法律問題などの解決に弁護士会が協力する。
 與那嶺氏は「在住する外国人は就労し、家族を持ち、定住化している。マイホームの購入など地域住民として生活している者も少なくない」と述べた。
 弁護士会の赤嶺真也会長は「沖縄弁護士会として法律相談やリーガルサービスが提供できればと思う」と意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る