美崎牛カレーに舌鼓 給食で提供、地産地消推進

「おいしい」と笑顔を見せた新1年生の児童ら=25日、石垣小学校

 石垣市内小中学校では25日の給食に、地元のブランド牛「美崎牛」を使った美崎牛カレーが提供された。
 具材は美崎牛本店(美崎信二代表取締役社長)=大川=が新型コロナウイルスに伴う休校明けの市内の小中学生を励まそうと300㌔の肉を無償で寄贈。
 石垣小学校(市原教孝校長、全校生徒367人)では中山義隆石垣市長、石垣安志教育長らを招き、新一年生の児童らと一緒に給食を味わった。
 新1年生の宮良善雅君(6)は美崎牛カレーを食べ「辛いと思ったらとてもおいしかった」と笑顔。
 大坪せりさん(6)はきれいに平らげ「ちょっとだけ堅かったけど柔らかいのもあっておいしい」と目を輝かせた。
 市原校長は「入学式の花卉(かき)の提供はじめ、地域の助け合いの姿勢に感動している。(美崎牛を)味わい、おいしい給食が食べれたと思う」と感謝した。
 児童らと共に給食を食べた中山市長は「子どもたちには地元で生産された肉を食べてもらい喜んでもらった。地産地消の推進のために、牛肉を始め、農水産物なども考え、楽しい給食にしていきたい」と意気込んだ。
 肉を提供した美崎社長は「喜んでもらえたならやった甲斐があった。逆に自分が笑顔になれて、もっと頑張りたいと思った」と話した。
 美崎牛カレーは一部の単独調理校では26日に提供される。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は8日、石垣市在住の50代女性1人と中部保健所管内の40代男性1人が新たに新型コロナウィルスに感…
  2.  石垣市で5人目の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、中山義隆市長は8日夜、市役所で記者…
  3.  石垣市観光交流協会の会長人事には意表を突かれた。「きっと地元観光業の会社社長の誰かが引き継ぐのだろ…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  (一般)石垣市観光交流協会(大松宏昭会長)役員・理事らと市の施設管理課、観光文化課職員の計17人が…
ページ上部へ戻る