「市中感染の可能性も」 BBQ参加者と複数接触者 西表島

濃厚接触者らから採取した検体を持って石垣行きの定期船に乗り込む医師ら=5日午後、西表島・上原港

 西表島(竹富町)で10人でバーベキュー(BBQ)をし、2人が新型コロナウイルスに感染し、残る8人が濃厚接触者と判定されたグループの一部の参加者がバーベキューの翌日以降、島内での別の酒席などに出ていたことが分かった。その場で接触した島民が複数いて、島民は「市中感染に発展する可能性を否定できない」と不安がっている。

 県八重山保健所によると、10人は10~50代の男性7人、女性3人で地域別では西表島が8人、石垣市、竹富島(竹富町)が1人ずつ。7月27日に西表島の宿泊施設でバーベキューをし、うち石垣市の飲食店従業員の20代女性が1日、西表島の会社員の19歳男性が4日に感染が確認された。
 残る8人は濃厚接触者と見なされ、療養施設、自宅待機を促された。この中で竹富町の男性は4日に石垣市でPCR検査を受け、6日にも結果が出る予定。西表島の7人は県立八重山病院の医師らが5日に来島し、現地で検体を採取した。結果は7日にも判明する。いずれも自覚症状はないという。
 地元関係者の話では、濃厚接触者の一部の人がバーベキュー開催日の翌日から4日までの間に島内で豊年祭の打ち上げや飲食店での酒席、学校のPTAの会合などに出たという。
 その際に接触した島民は複数人に上る。体の不調を訴える人がいるとの情報もあり、「濃厚接触者から感染してもおかしくない」(関係者)という。
 町議で西表島でマリンサービス業を営む山下義雄さん(42)は「島内の医療体制は診療所1軒で医師も1人。市中感染になったら医療崩壊し、危機的状況に陥る。町は独自の緊急事態宣言を出し、移動制限、営業自粛を求めるべきだ」と話している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)、同青少年育成委員会(大浜俊委員長)が18日、国立天文台VERA…
  2.  歴史「に」学ぶ。「を」ではない。歴史というものは、単なる知識の対象でなく、生き方を学ぶ(まねる)場…
  3.  八重山地域新型コロナウイルス対策本部は19日、医療法人上善会かりゆし病院の入院患者男女6人と職員1…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
ページ上部へ戻る