【金波銀波】「たいくつな想いをしている人がいたら…」

 「たいくつな想いをしている人がいたら…」。実体験から生まれた、真理を突く素直な言葉である◆先月31日、本紙は小中学生対象の新企画「みんなのさくぶん」を始めた。第1回で掲載したのは宮良小の6年生が書いた「楽しい時間」である。日常に退屈していた少年がハンドボールと出会い、生きる姿勢を変えた◆実は、同じことが2500年前にもある。「博奕(はくえき)なる者あらずや。これを為すは猶(な)お已(や)むに賢(まさ)れり」(論語陽貨篇)。心を動かさずに一日を過ごしている弟子がいた。孔子は独り呟く。なぜ賭け事をしないのだろう。その方が何もしないでいるよりずっといいのに―。心をわくわくさせるような何かを見つけることも、学びの一つである◆「もし、以前のぼくのように、たいくつな想いをしている人がいたら、どんなスポーツでもいいから、チャレンジしてみて下さい。きっと、楽しい時間が過ごせるようになるはずです」。少年は孔子と同じように、学ぶ楽しさとよろこびを、知る人である◆少年はどこまで自分を育てていくのだろうか。まだ入口に立ったばかりである。学びには、底がない。学びが深まるほどに、学ぶ楽しみとよろこびもまた、深まり続ける。 (S)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る