赤い羽根共同募金開始 空港で「美ら島便」伝達式 石垣市

募金第一号の浦崎さん=1日午後、サンエー石垣シティ店前

 2020年度の赤い羽根共同募金運動が1日から始まった。同日午後、新石垣空港(南ぬ島石垣空港)に「赤い羽根空の美ら島便」として、玉城デニー知事のメッセージと赤い羽根が届けられ、石垣市共同募金委員会の新田健夫会長らに手渡された。市の今年度目標額は679万円。

 伝達式では、日本トランスオーシャン航空客室乗務員の有馬唯乃さんが知事からのメッセージを読み上げ、「住民同士の助け合い『ゆいまーる』がますます重要。県民のちむぐくるを待ち寄るこの運動を一層盛り上げていくため、ご協力を」と呼び掛けた。
 川満誠一副市長は市長メッセージを代読し、「新型コロナで日常生活も変化していくが、多くの方から募金が寄せられ、諸課題の解決に役立てられるよう」と祈念した。
 新田会長は「コロナ禍ではあるが社会福祉のため、市民の皆さんの善意をいただき、目標額を達成できれば」と願った。
 伝達式後、新田会長らは市内の大型スーパーに移動し、街頭募金を開始。
 募金第一号となった浦崎清(きよ)さん(93)=字宮良=は「(コロナで大変だが)私も何かやってあげたくて」と話した。
 同運動は1947年に開始され、今年度で74年目を迎えた。
 「つながりをたやさない社会づくり~あなたは一人じゃない~」をキャッチフレーズに、1日から12月31日までの3カ月間、全国で実施され、同募金は民間の社会福祉の向上に活用される。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
ページ上部へ戻る