役場機能二転か三転か キーワードに「仮庁舎」 竹富町新庁舎建設

旧ボウリング場の竹富町役場は築41年と老朽化が進んでいる(資料写真)

 1日の竹富町議会議案審議では、仮庁舎候補地検討の調査委託料をめぐり質疑が相次いた。同町は西表大原に本庁舎を建設する方針を掲げているため、仮庁舎を設置すると本庁舎機能の移転は3回。今回の調査を踏まえ支所候補地として用地確保すると、移転は2回の見通し。最終的に本庁舎の機能は何回移転するのか。「仮庁舎」が今後のキーワードになりそうだ。
 この日の質疑で、大久研一氏は庁舎建設費の内容を確認。政策推進課の通事太一郎課長は、支所候補地に関して石垣市との交渉を断念した旨を報告し、同委託料で用地や家屋の調査を行う方向性を説明。「建物が使えるのか家屋調査をして次の段階にいきたい」と述べた。候補地の対象は離島ターミナルから500メートル以内の範囲。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)、同青少年育成委員会(大浜俊委員長)が18日、国立天文台VERA…
  2.  歴史「に」学ぶ。「を」ではない。歴史というものは、単なる知識の対象でなく、生き方を学ぶ(まねる)場…
  3.  八重山地域新型コロナウイルス対策本部は19日、医療法人上善会かりゆし病院の入院患者男女6人と職員1…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る