飲酒運転で6人を検挙 那覇署など、県内11カ所で 携帯電話の使用も

 県警は26日午前6時から27日午前8時まで、県内11カ所で飲酒運転の一斉取締りを実施した。飲酒運転で6人(このうち3人を逮捕)、速度超過で10人など、合計151人を検挙した。取り締まりに参加したのは那覇署や八重山署、宜野湾署などの警察署で、自動車道でも行われた。

 飲酒運転で検挙された6人は、全員が呼気からアルコールが検出される「酒気帯び」で摘発されており、このうち3人が逃走や証拠隠滅の恐れがあるとして逮捕された。

 検問は盛り場周辺を中心に実施。無免許運転で1人、整備不良で2人、携帯電話の使用などで118人が検挙された。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る