【金波銀波】字が小さ過ぎて読めない。

 字が小さ過ぎて読めない。拡大鏡のCMではない。つい1年前までは何の苦もなくできていたのに、今や書類を前に悪戦苦闘する日々◆老眼の進行だけでなく、物忘れもひどくなってきたような気がする。つい最近やったばかりのことが思い出せない。この年齢になると、そろそろ学生時代の友人の訃報を聞くことがあるが、何と名前と顔が一致しない。申し訳ないと思いつつ、心の中で手を合わせる◆気持ちは10代の後半から変わっていない。大人たちに軽く反発しながら、若者たちを仲間のように見ている。だが、その「仲間たち」からは既に「おじ(い)さん」と呼ばれる世代に。自分の中のギャップがどうも解消できない◆さらに進行してくる老い、その先には死。今後いかに長生きしても、今の年齢の倍生きられるとは思わないし、仮に生きたとしても、もう動けなくなっている。人生でやり遂げたこと、できなかったこと、まだやりたいことを数えると、足がすくむような感覚になる◆「人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である」とは作家、芥川龍之介の名言。人間は一定の年齢に達したら、急ぐ必要がある。だが安全運転で。コントロールは「年の功」で何とかなる、と思いたい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  ニュージーランドのアーダーン首相が長年のパートナーであるアナウンサーの男性と結婚すると報じられた。…
ページ上部へ戻る