島の課題 高校生目線で 映画製作「世界に発信を」 公営塾

映画製作に取り組む高校生たち(石垣市公営塾提供)

 石垣市の公営塾で学ぶ高校生たちが、島が抱える医療などの課題を取材し、3本のドキュメンタリー映画を製作した。海外の映画祭に出品し、来月5日には市内で試写会を予定している。1本で監督を務めた上野優祐君(八重高3年)は「高校生でも世界に発信できることを伝えたい」と意気込む。来月27日まで、インターネットを通じて映画の製作資金を募るクラウドファンディングにも取り組んでいる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  2008年11月以降運休状態が続いている石垣―波照間航空路線運航の早期再開を目指す竹富町は6日午後…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票に不参加を表明した5市に抗議するため、宜…
ページ上部へ戻る