陸自配備の説明会不参加 「アリバイづくり」と批判 周辺4地区

陸自配備計画に反対し、ガンバロー三唱で気勢を上げる住民ら=20日、開南地区

 沖縄防衛局が21日、石垣島平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画について説明会を開催することを受け、予定周辺の4公民館は20日、不参加を表明した。「ごく一部の配備推進派住民を担ぎ出してのアリバイづくりにほかならないことは明白」などとする抗議声明も出した。4地区対象の説明会は21日午後6時半から健康福祉センターで開かれる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省が進める石垣島平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画で、石垣市は駐屯地建設予定地の市有地約13.…
  2.  浦添市、浦添警察署、オリンピック聖火リレーボランティアなど6団体は18日午後、浦添市陸上競技場(A…
  3.  首里城正殿跡の発掘調査から出土した遺物を展示する「首里城正殿跡出土品展」が18日、西原町の県立埋蔵…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  防衛省は23日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が昨年4~12月に緊急発進(ス…
ページ上部へ戻る