番組打ち切りは「表現の自由侵害」 FM21は請求棄却求める 我那覇さんら初弁論

 「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子さん=名護市=が、自身が制作・出演するラジオ番組の放送が一方的に打ち切られ、表現の自由の侵害と精神的苦痛を受けたとして、FM21に慰謝料100万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、那覇地裁(剱持淳子裁判長)で開かれた。FM21は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。
 原告の我那覇さんは、この日の弁論で「(地元メディアから)ラジオ局に圧力がかかり、ラジオ局は総務省にお伺いを立てることなく一方的に我々の番組を打ち切りすると通知してきた。保守言論人に対する人権侵害そのものであり、言論の弾圧そのもの」と意見陳述した。
 被告側は請求棄却を求めており、具体的な反論については追って主張するとしている。第2回口頭弁論は来年1月18日の予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  自民党の座波一県議が八重山、宮古両地方を視察中に新型コロナウイルスに感染したとして、玉城デニー知事…
  2.  幼児教育連携体制推進事業で、石垣市こども未来局子育て支援課は早ければ10月末から、市内の幼児教育施…
  3.  県赤十字血液センターの移動献血が石垣市で11月2日から始まる。例年と異なり、新型コロナウイルスの感…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は…
ページ上部へ戻る