譜久嶺君(大浜小2年)が沖縄地方本部長賞 海上保安庁図画コンクールで

賞状を手にする譜久嶺輝星君(左)と石垣教育長=14日午前、石垣市教育委員会事務局

 大浜小学校2年の譜久嶺輝星(こうせい)君(8)がこのほど、「第19回未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール」で、「公益財団法人海上保安協会沖縄地方本部長賞」(小学生低学年の部)を受賞した。譜久嶺君は14日午前、教育委員会事務局を訪れ、石垣安志教育長に報告。「(受賞して)最初は恥ずかしかったけど、後から楽しくなった。海上保安庁の船に乗って運転もできて、とても楽しかった」と受賞できた喜びを語った。
 譜久嶺君の作品は、夏休みに家族で海に遊びに行ったことを題材に、イカやカメ、たくさんの魚と一緒に自分が楽しそうに泳いでいる光景を描いたもの。「おじいちゃんが入院していたから、上手に、気持ちを込めて描いた」と作品への思いを話し、作品を見た祖父は「すごい」と喜んでくれたという。海の好きな譜久嶺君は、海上保安庁で働きたいと考えている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…
  2.  政府は20日、石垣市の尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」の…
  3.  石垣島で春季一次キャンプ中の横浜F・マリノスは19日、サッカーパークあかんまで海邦銀行SCと練習試…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る