【金波銀波】日本の政治風土は…

 日本の政治風土は強力なリーダーを嫌うと言われることがある。安倍晋三首相がいい例かも知れない。首相に就任して数年も経てば「長期政権」と批判され、指導力を発揮して政策を推し進めれば「一強」と罵倒される。他国から見れば奇妙な光景ではないか◆民主主義の手本とされる米国の大統領は、クリントン氏、ブッシュ氏、オバマ氏と、近年はほとんど2期8年在任している。日本の戦後最長は7年8ヵ月の佐藤栄作政権だが、米国から見れば標準サイズに過ぎない◆日本でも地方に行けば十数年の長期政権はざらにある。隣の軍事大国には任期無制限の国家主席が存在する。安倍政権を批判するのに「長期政権だから」という理由は明らかに当たらない◆「一強」は「独裁」という意味なのか。数度の国政選挙で信任された政権に対して使うのに、適当な言葉だとは思えない。この言葉を使う人は、1年ごとに交代を余儀なくされるような弱いリーダーを渇望しているのだろうか。安倍政権と対峙するなら、言葉遊びではなく堂々と政策論争をする必要がある◆今夏の参院選の結果しだいでは、安倍政権は11月にも憲政史上最長に到達する。誰が首相であるにせよ、沖縄の基地負担軽減は、安定政権でなくては成し遂げられない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の特別定額給付金10万円のオンライン申請をスマホで挑戦した。評判通り手順が煩雑で行き詰まること…
  2.  〈大変な時に収集ありがとう〉。新型コロナウイルス感染拡大を受け、石垣市の家庭から出される一般ごみの…
  3.  政府が国民1人10万円を給付する特別定額給付金の申請受け付けが石垣市で本格化している。今週に入り、…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る