【金波銀波】石垣市の障害者や高齢者が…

 石垣市の障害者や高齢者が利用する福祉避難所兼ふれあい交流施設「結(ゆ)い心(くくる)センター」がほぼ完成し、入口近くの道路を通るたび「バリアフリーが徹底した施設だな」と感じる。歩道と歩道の間の段差がきれいに埋められていて、車いすでもスムーズに出入りできそうだ◆対照的に、島内の多くの歩道を見るたび、うんざりした気分になる。数㍍ごとに通路が途切れ、そのたびに大きな段差。車道はきれいに整備されているのに、隣の歩道がデコボコ道なのも珍しくない。車いすや自転車は、おっかなびっくり進むことになる◆こうした歩道の整備当時は、バリアフリーの概念がほとんどなかったのだろう。経年劣化もだいぶ進行しているはずだ。雑草や街路樹の繁茂で通行が困難になっている歩道もよく見かける。行政の「車道優先思想」のようなものを感じるのは、うがち過ぎだろうか◆復帰後、離島の隅々に至るまでインフラ整備が進んだように見える。道路の車線は増え、ネットワークが拡大し、移動はずいぶん便利になったからだ。しかし、弱者への配慮はまだまだ遅れているのではないか◆ボロボロになった現在の歩道を、バリアフリーの設計に基づいた優しい歩道へと造り替える。これも残された課題だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島で最も早い一期作の田植えが16日、平田原の水田で始まった。農業生産法人みやぎ米穀(石垣市登野…
  2.  2019年度「組踊等教育普及事業」組踊ワークショップ(主催・県教育庁文化財課)が16日午後、石垣市…
  3.  玉城デニー知事は16日の定例記者会見で、国が促している豚コレラ(CSF)のワクチン接種と沖縄固有種…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る