【金波銀波】石垣市の障害者や高齢者が…

 石垣市の障害者や高齢者が利用する福祉避難所兼ふれあい交流施設「結(ゆ)い心(くくる)センター」がほぼ完成し、入口近くの道路を通るたび「バリアフリーが徹底した施設だな」と感じる。歩道と歩道の間の段差がきれいに埋められていて、車いすでもスムーズに出入りできそうだ◆対照的に、島内の多くの歩道を見るたび、うんざりした気分になる。数㍍ごとに通路が途切れ、そのたびに大きな段差。車道はきれいに整備されているのに、隣の歩道がデコボコ道なのも珍しくない。車いすや自転車は、おっかなびっくり進むことになる◆こうした歩道の整備当時は、バリアフリーの概念がほとんどなかったのだろう。経年劣化もだいぶ進行しているはずだ。雑草や街路樹の繁茂で通行が困難になっている歩道もよく見かける。行政の「車道優先思想」のようなものを感じるのは、うがち過ぎだろうか◆復帰後、離島の隅々に至るまでインフラ整備が進んだように見える。道路の車線は増え、ネットワークが拡大し、移動はずいぶん便利になったからだ。しかし、弱者への配慮はまだまだ遅れているのではないか◆ボロボロになった現在の歩道を、バリアフリーの設計に基づいた優しい歩道へと造り替える。これも残された課題だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国内外からIT関連企業や団体が参加した展示会「リゾテックおきなわ国際IT見本市2020」(主催・同…
  2.  県は29日、与那国町在住の70代女性が町内で初めて新型コロナウイルスに感染した、と発表した。町は3…
  3.  世界規模の総合観光イベント「ツーリズムEXPO(エキスポ)ジャパン旅の祭典in沖縄」(主催・日本観…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る