沖縄バスケ、全国へ発信 20年来の夢、雑誌創刊

季刊誌「アウトナンバー」の取材を進める代表の金谷康平さん=2018年12月27日、那覇市

 沖縄県で昨年10月、地域のバスケットボール情報に特化した年4回の季刊誌「アウトナンバー」が創刊された。地域に根ざしたローカルメディアがはやる中、一つのスポーツに絞るのは珍しく、約20年にわたり夢を温めてきた代表の金谷康平さん(35)は「魅力を全国に発信したい」と意気込んでいる。
 県出身のプロ選手へのインタビュー、高校バスケの決勝戦詳報…。300円で販売された12ページの創刊号は、沖縄バスケの情報がぎっしりだ。雑誌の名称は、バスケ用語で攻撃陣の数的優位を意味する。「速攻が特徴の沖縄のプレースタイルと合う」と考えた。編集長を別に据え、プロカメラマンやライターに依頼するなど誌面作りにこだわる。金谷さんは取材対象選びやコラムを受け持つ。
 発刊の原点は、1997年12月に観戦した全国高校バスケの準々決勝。沖縄の公立チームが強豪に立ち向かって戦う姿が印象に残っている。
 目を引いたのは個人技のレベルの高さだ。「どうしてこんなバスケができるんだろう」。この頃から雑誌化を考え、2015年に一念発起して脱サラ。東京から家族3人で那覇市に移住した。その後、出版社でノウハウを吸収し、昨年5月に本格始動した。
 スローガンは「沖縄のバスケジャーナリズムを確立する」。沖縄バスケ史約65年の考察や、名将インタビューなど企画は尽きない。約3千部売れた創刊号の評判は上々で、1月中旬に発売予定の第2号は県内の取扱先が約40店舗に倍増した。「全国で暮らす県出身者やバスケファンに届けたい」。金谷さんの挑戦は始まったばかりだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が昨年6月、沖縄県沖に墜落した事故で、米側はパイロ…
ページ上部へ戻る