陸自ヘリにレーザー照射 昨年10月、宮崎飛行中

 陸上自衛隊西部方面隊(熊本市)は10日、昨年10月に宮崎県諸塚村(もろつかそん)の上空を飛行していた輸送ヘリコプターが約1分間、地上方向からレーザー照射を受けたと発表した。操縦していた副操縦士の左目の視力が一時低下したが、機長が操縦を代わり機体にトラブルはなかった。宮崎県警が威力業務妨害などの疑いで捜査している。
 方面隊によると、昨年10月24日午後7時25分ごろ、宮崎県日向沖で夜間飛行訓練を終えた輸送ヘリ(CH―47JA)が高遊原(たかゆうばる)分屯地(熊本県益城町)に戻る途中、緑色のレーザー照射を受けた。当時機内には整備士も含め10人が乗っていた。
 副操縦士の視力は回復したが、方面隊は「失明の危険がある行為。機体や乗員の安全に重大な影響を与える可能性があり、警察の捜査に協力する」としている。
 自衛隊機や米軍機がレーザー照射される事件は以前から全国で相次いでいる。2015年には米軍普天間飛行場(宜野湾市)の周辺上空を飛行中の米軍ヘリに照射したとして、威力業務妨害罪で映像関連会社代表の男性が罰金50万円の略式命令を受けた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省沖縄奄美自然環境事務所(東岡礼治所長)は23日午後、新たな試みとなる「侵略的外来種に関する簡…
  2.  沖縄総合事務局は23日、2019年の国内港へのクルーズ船寄港数の速報値を発表した。那覇港が260回…
  3.  県は世界自然遺産登録候補地、西表島の入域観光客数の上限となる基準値を、2009年~18年までの10…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る