不参加に「説明を」 宜野湾市民が市に要請 辺野古県民投票

宜野湾市へ市民向けの説明会の開催を求めた「県民投票やりたい宜野湾市民たち」のメンバー10人=18日、県庁

 「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票を巡り、宜野湾市民らでつくる「県民投票やりたい宜野湾市民たち」のメンバー10人は18日、県庁で記者会見し、不参加を表明した宜野湾市に対し、市民向けの説明会を開くよう要請したと発表した。要請文は16日に副市長へ手渡された。
 説明会は26日までに開催するよう求めたが、市は難色を示し、市の広報で市民への説明を行うと答えたという。
 呼び掛け人の一人、仲松典子さん(69)は松川市長が、不参加の理由を、県民投票条例が普天間飛行場の危険性除去に言及していないことを挙げたことに「判断は市民が取るべきで、投票権を奪うことはあり得ない」と批判した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県の超高速ブロードバンド環境整備促進事業を活用し、石垣市北部地域で5日から、情報通信環境を整備する…
  2.  県議会(新里米吉議長)は5日、11月定例会の本会議を開き、各派を代表して上原正次氏(おきなわ)、新…
  3.  沖縄県アジア経済戦略構想推進・検証委(安里昌利委員長)は11月29日午前、県庁に玉城デニー知事を訪…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に…
ページ上部へ戻る