県民投票の投票率59% 竹富町で繰り上げ実施

繰り上げ投票で1票を投じる有権者=23日、竹富島まちなみ館(写真左)

 辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票で竹富町選挙管理委員会は23日、町内8投票所で繰り上げ投票を行った。当日有権者数は3387人、投票率は59・02%だった。昨年9月の知事選の投票率は70・48%。
 各投票所の投票率は竹富地区69・29%(当日有権者数280人)、小浜地区56・27%(同542人)、黒島地区59・12%(181人)、大原地区53・75%(759人)、上原地区53・73%(858人)、西表地区73・56%(208人)、白浜地区70・83%(144人)、波照間地区64・82%(415人)。期日前投票は330人。
 繰り上げ投票は午前7時から午後8時まで実施。朝早くから投票所を訪れる姿も見られた。
 同日夕、竹富島のまちなみ館で投票を終えた20代女性は「県民の思いが届いてほしい。結果を政府は尊重してほしい」と思いを述べた。40代男性は「賛成反対いろいろあるが、早く解決してほしい気持ちで投票した」と一票への思いを込めた。
 この県民投票で町内の1388人が棄権。あえて投票に行かなかったという30代女性は、「埋め立ては反対だが今までの経緯を考えると、普天間飛行場の辺野古移設はやむを得ない」と胸中を語り、「県民投票の賛成か反対かという選択肢の中では、自分の意思を表示できない」と不満をぶつけた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣バニラ(石垣市・金城美沙江代表)は21日午後、県庁で記者会見し、県内で初めて商品化に成功したバ…
  2.  琉球銀行(川上康頭取)は21日午後、那覇市内の若狭支店でタブレット端末を活用した新しい接客手法「F…
  3.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  経世論研究所の三橋貴明所長が6月30日、宜野湾マリン支援センターで講演した。「消費税は欠陥税制で、…
ページ上部へ戻る