4月13日から泡盛フェスタ 那覇、輸出拡大イベント

(左から)県モノづくり振興課の神谷順治課長、県酒造組合の佐久本学会長、泡盛の女王の新里葵さん、県酒造組合需要開発部会の島袋正也部会長、那覇市経済観光部の比嘉勉副部長=12日、県庁

 泡盛の魅力を伝える「第2回島酒フェスタ~夏を先取り!ゆかたでほろ酔い~」(主催・同実行委員会)が4月13、14日、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇で開催される。試飲チケット一日券を購入すると、県内47蔵の泡盛が試飲のほか、古酒が当たる抽選会に参加できる。浴衣で来場すると粗品がもらえる。
 飲食ブースには「琉球ダイニングあれんじ」や「マーミヤかまぼこ」など10店舗が出展する。ステージでは各蔵のPRや銘柄当てトーナメントのほか、きいやま商店のライブが行われる。
 同イベントは官民一体で沖縄県産泡盛の輸出拡大を目指す「琉球泡盛海外輸出プロジェクト」の一環。昨年開催された第1回では約1万2千人の来場があった。
 県酒造組合の佐久本学会長は12日、記者会見で「4月は観光が少し落ち着く時期だが、観光の一助になるようなイベントとなっている」と紹介した。
 泡盛の女王の新里葵さんは「蔵元さんの情熱を皆さまにお伝えできる機会になる。泡盛好きはもちろん、飲めない方も楽しめるイベントとなっている」と多数の参加を呼び掛けた。入場無料。試飲チケットは前売1500円(当日2千円)。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山高校野球部(内間敬太郎主将)は3日、県高校野球夏季大会の優勝から一夜明け、深紅の優勝旗を先頭…
  2.  石垣市で7月から新型コロナウイルスの感染者が急増したため、県立八重山病院の感染症用病床9床が2日、…
  3.  高校野球の2020年夏季大会は2日の決勝で、八重山高校がKBC学園未来沖縄を4―2で破り、初優勝を…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は13日、黒糖(含蜜糖)の品質に優れたサトウキビの新品種「RK03―3010」を開発し、竹富町波…
ページ上部へ戻る