台湾人男性に在留特別許可 日本人との同性カップル 弁護団「判断要素に」

 千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務省が撤回し、在留特別許可を出したことが22日、分かった。15日付。台湾人の男性は処分の取り消しを求めて東京地裁に提訴していたが、許可を受けて訴訟を取り下げた。男性側の弁護団が明らかにした。
 弁護団は、同性の日本人をパートナーに持つ外国人に在留特別許可が出たのは初めてとし「(実質的には婚姻関係にある)同性カップルであることが許可の重要な判断要素になったと考えている」と話した。
 一方、法務省入国管理局は「これまでの一般的な在留特別許可の判断と同様、在留状況や生活実態などを総合的に勘案した。日本人男性とパートナー関係にあることを特に重視していない」とのコメントを出した。今後、同様の判断が他の同性カップルに及ぶかどうかは未知数だ。
 外国人が異性の日本人と結婚すれば「日本人の配偶者」の在留資格を得ることが可能だが、日本では同性の結婚が認められていないため、台湾人男性は不法滞在の状態だった。

 台湾人男性は22日、都内で記者会見し「寛大な裁量に感謝している。これからも支え合って暮らしていきたい」と語った。同席した日本人男性も「これからは前向きに生きたい」と目に涙を浮かべながら話した。
 弁護団によると、台湾人の男性は1992年9月、日本語学校に入学するため1年間の留学ビザで入国した。93年10月、日本語能力試験を受験するため3カ月間の短期滞在ビザで再入国。同年11月に日本人男性との交際を始めた。16年6月に職務質問を受けて不法滞在が発覚、国外退去処分を命じられた。17年3月に処分の取り消しを求めて提訴していた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張するとともに、周辺海域からの…
  2.  石垣市は、新港地区に民間企業の進出を想定した「交流厚生用地」を造成し、港湾のにぎわい創出を図る方針…
  3.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が、石垣市の尖閣諸島について中国の領有権を主張し、周辺海域で操業す…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市が国内と海外島嶼(とうしょ)地域の3都市から有識者らを招いて島嶼の課題について意見交換し、将…
ページ上部へ戻る