「被害者全員の即時帰国を」 拉致考える集い、沖縄初開催

登壇し、資料を見せ説明する横田拓也氏(中央)。会場は聴衆でいっぱいになり、涙ぐむ人もいた=24日、沖縄青年会館

 政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で開かれた。沖縄では初開催。拉致被害者・横田めぐみさんの弟で、家族連絡会の横田拓也事務局長は「すべての拉致被害者を即時一括帰国させる一点で、一枚岩になってほしい」と世論の後押しを求めた。
 菅義偉官房長官は、米国との連携を強化する考えを示した上で「拉致問題を解決し、国交正常化を目指す決意に変わりはない。まさに正念場だ。ありとあらゆるチャンスを逃さず、全力で果敢に行動する」と拉致問題解決への決意を重ねて示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、トランプ米政権が日本政府に対し、現行から5倍の増額を…
  2.  2017年から2年間で沖縄に漂着したごみ約6871立方㍍のうち、半分が八重山諸島への漂着であること…
  3.  県は18日午後、文化功労者の表彰式を県庁で行った。八重山からは、八重山古典民謡保持者の金城英皓氏(…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  那覇市や那覇警察署は9日夕、2019年夏の交通安全県民運動開始式を市内の複合施設で開き、県内初とな…
ページ上部へ戻る