八重高サヨナラ負け 連続押し出しで3回戦敗退 県高校野球春季大会

㊨力投を続けるも最後連続押し出しでサヨナラ負けを喫した八重高・照屋竜雅投手。㊧=30日、セルラースタジアム那覇

 第66回沖縄県高等学校野球春季大会7日は30日、セルラースタジアム那覇などで3回戦8試合が行われ、ベスト8が出揃った。八重山勢唯一16強の八重高は沖縄工業に3―4でサヨナラ負けだった。
 八重高は2回に2点を先制。その後は投手戦が続き、8回を終えて2点リードで最終回へ。ここまで力投していた照屋はデッドボールから崩れ、最後は連続押し出しで涙を飲んだ。
 31日は準々決勝4試合が実施され、5月に開かれる招待試合(兵庫県・明石商業)の対戦権を得る4チームが決まる。
 結果は次の通り。
 ◇3回戦
 八重高
 020000010|3
 000000013×|4
 沖縄工業
 (八)照屋―田島
 (沖)生盛、儀間―東江

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本酒、焼酎、泡盛などの「國酒」を製造する全国有志の蔵元が新型コロナウィルスの終息を祈念し、北海道…
  2.  日本政府が新型コロナウイルスの水際対策として実施している外国人の入国制限の緩和について、タイ、ベト…
  3.  連載3回目にして早くも再登場だ。小欄の常連になる予感がする。年末に「年間大賞」でもやったらぶっちぎ…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る