【石垣島 鳥 紀行】カンムリワシ

 4月中旬、まだ白い部分が残る若いカンムリワシが、於茂登岳の南側、於茂登前岳の嵩田林道にいた。
 例年9月ごろに巣を追い出されて、流浪の旅に出る真っ白いカンムリワシの幼鳥は、成鳥の持つ縄張りを避けて、居場所を転々する。餌(えさ)とりの下手な状態で11月、12月の昆虫、カエル、ヘビも減る冬の食糧不足の時期を乗り越えねばならない。1月には成鳥のペアリングの時期が始まる。幼鳥は亜熱帯でもっと寒い2月をやり過ごし、2月、3月の成鳥のペアリングの様子を横目で見ながら、昆虫が増え、爬虫類も動き出し、カエルも増える4月を迎えている。
 この日、地面をいじり、何か探している様子の若いカンムリワシは、人の気配に気づくと枝に飛び移り、様子をうかがっている。
 成鳥の雌雄のカンムリワシがペアリングを終えて、営巣の時期に入っていれば、雌雄どちらかの縄張りが一部で留守がちになってもおかしくない。若いカンムリワシが山に進出できていることは、過酷な冬を乗り切った証(あかし)でもあり、大いに祝いたい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…
  2.  県農林水産部は19日から、新型コロナウイルスの影響で需要が低迷している県産農林水産物の消費拡大のた…
  3.  石垣市川平地区のわかば幼稚園と川平保育所を統合し、西部地区の子育て支援の拠点施設となる「川平認定こ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸…
ページ上部へ戻る