【視点】北朝鮮問題 遠い国の話か

 昨年4月、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金委員長が南北首脳会談を実現させた際も、朝鮮半島に一気に平和が訪れたような錯覚が世界に広がった。金委員長と米韓首脳が相次いで会談を実現させる中、日本だけが「蚊帳の外」という論調が支配的だったが、現在はどうか。むしろ北朝鮮寄りの文大統領が日米から孤立し、当の北朝鮮からも冷遇され、八方塞がりの状況に陥っている。結局、文大統領も翁長氏も、北朝鮮の「平和ポーズ」に踊らされただけだったようだ。
 安倍首相が金委員長との会談に意欲を示したことで「首相が譲歩した」という見方もあるが、客観的に見れば追い詰められているのは金委員長のほうであり、必ずしも首相が譲歩したわけではないだろう。両者が相次いで日朝首脳会談に前向きな発言をしたということは、水面下である程度、話は進んでいるのではないか。
 北朝鮮との関係を考える上で、決して置き去りにできないのは拉致問題だ。拉致の可能性がある失踪は全国で発生しており、沖縄県警も、拉致の可能性が排除できない26人の情報をホームページで公開している。
 特定失踪者問題調査会は30日、石垣市で初めて拉致問題を考える集会を開催する。石垣市でも富川久子さんら、拉致の可能性がある失踪者が複数存在する。
 沖縄にとって、拉致や核・ミサイル問題は遠い国の話ではない。北朝鮮は現在進行形で、県民の平和や人権を脅かしている。

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る