沖縄が梅雨入り 全国2番目、平年より7日遅く

梅雨入りした16日、石垣島は夏空が広がり、強い日差しに雨傘ならぬ日傘が開いた=16日午後2時すぎ、石垣市登野城の730交差点

 沖縄気象台は16日午前11時、沖縄地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より7日遅く、昨年より16日早い。鹿児島県の奄美地方が14日に梅雨入りしており、沖縄は昨年に続いて奄美より遅い梅雨入りとなった。
 同気象台によると、沖縄地方は向こう一週間は前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多い見込み。
 梅雨入りしたこの日、八重山地方は雲のすき間から晴れ間が広がり、竹富町波照間と与那国空港がある所野で31・4度、西表で31・3度を観測するなど今年の最高気温を更新。6月上旬から同下旬並みの暑さとなった。
 石垣島では雨傘ならぬ日傘が開き、降り注ぐ強い日差しに顔を手で覆う姿がみられた。
 沖縄地方の平年の梅雨明けは6月23日ごろ。昨年も6月23日だった。
(写真・文 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが減少した地元店舗を支援しようと、石垣市は11日、全市民を対象に、島内…
  2.  石垣市教育委員会は11日、2021年度から4年間使用する中学校教科書を採択した。公民は育鵬社版が選…
  3.  石垣市は11日、経済5団体の代表者らを市役所に招き、新型コロナウイルスの影響に関して意見交換した。…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
ページ上部へ戻る