県と市町村が意見交換 来年度の沖縄振興予算で

県と市町村の意見交換会が開かれた。写真奥と手前に市町村長ら、写真左が県部局=21日、県庁

 県は21日、2020年度の沖縄振興予算要請を前に、県庁で本島中南部の各市町村の首長らを集め、意見交換会を開いた。県は沖縄振興計画が残り2年となる来年度を、計画の取り組みを加速させる重要な年と位置づけており、市町村長との認識の共有に重点を置く。
 事前に市町村に意見を求め、回答を発表する方式で意見交換会は進んだ。各市町村からは、一括交付金の増額、社会基盤整備の促進、子どもの貧困対策、次期振興計画などについて意見が出た。
 意見交換会は20日、名護中央公民館で開催され、本島北部地区の11市町村が参加した。21日は那覇市、沖縄市、宜野湾市など本島中南部の市町村が参加した、24日には石垣市でも開催される。
 県は内閣府との意見交換を経て7月上旬に資料をまとめ、市町村長に提供、8月上旬に知事が国に予算要請する。
 意見交換会終了後、報道陣に対し、宜野湾市の松川正則市長は「予算が減っているので、戦略を含めて対応してもらいたいと話した」と報告した。沖縄市の桑江朝千夫市長は、沖縄振興予算の減額を不安視する声が続出したと振り返った。糸満市の上原昭市長は、本島南部の広域交通網整備を県が主導して行うべきと求めたと明らかにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄平和市民連絡会の関係者らは19日、県庁を訪れ、米軍普天間飛行場の辺野古移設に必要な土砂が採掘さ…
ページ上部へ戻る