本部港整備に遅れ 沖縄相「町、県と連携」

 本部町でクルーズ船対応の港湾整備が遅れている問題で、宮腰光寛沖縄担当相は21日の記者会見で「整備が目標年次よりも遅れることになったが、政府としては県、本部町ともしっかりと連携しながら着実な整備に努めたい」と述べた。
 県は20日、名護市で開いた北部市町村との意見交換会で、港湾整備の完成を当初の予定から1年延長し、2020年度とする考えを明らかにした。
 本部町は官民連携での港湾整備を進めており、民間事業者が旅客ターミナルを整備をする計画になっているが、町と事業者の調整が遅れ、国が19年度の補助事業予算を減額している。
 宮腰沖縄担当相は「民間のクルーズ船会社との関係は鋭意、沖縄県の方で調整をしていると聞いている。そこがしっかりとまとまれば、引き続き着実に整備を進めていきたい」とした。調整が進むことを前提に、県からの補正予算の要請を検討する考えも示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る