【視点】台湾総統選、沖縄にも影響か

 来年1月の台湾総統選に向け、有力候補たちの動きが活発化している。現在は独立志向が強い民進党の蔡英文政権だが、野党国民党が勝利すれば、中国寄りの新政権が誕生する可能性があり、沖縄を取り巻く国際環境も大きく変わる。県民も台湾の政治状況を注視したい。
 蔡総統は昨年の統一地方選で惨敗し、再選に黄信号がともった。しかし、中国の習近平国家主席が今年の新年の演説で、台湾に「一国二制度」受け入れを迫り、台湾独立の動きには武力行使も放棄しないと言明。そのため有権者の対中警戒感が高まり、蔡氏の支持率は上昇傾向に転じた。
 ただ蔡氏に対する不満は党内でも高まっており、頼清徳(らい・せいとく)前行政院長(首相)が総統選出馬の意向を表明。党内予備選に向けた世論調査をどのように行うかを巡っても、党内での対立を抱えている。
 蔡政権の不人気を受け、国民党が勝利する可能性が高まっているとされるが、国民党も候補者を絞り切れていない。一番人気は親中派の高雄市長、韓国瑜(かん・こくゆ)氏で、3月に訪中した際にはトップセールスで農水産物の売り込みを成功させた。国民党は韓氏なら当選の可能性が高いと見たのか、党内予備選の規定を変更してまで、韓氏が出馬しやすい環境を整えた。
 ほかに知名度が高い郭台銘(かく・たいめい)鴻海(ホンハイ)精密工業会長(68)が参戦し、台風の目となっている。柯文哲(か・ぶんてつ)台北市長も出馬が取り沙汰される。
 中国メディアは蔡政権を厳しく批判する一方、ライバルの中で特に韓氏の動きを好意的に報道しており、中国政府が「韓政権」の誕生を待望しているのは間違いないようだ。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…
ページ上部へ戻る