小型船舶事故削減へ 発航前点検や救命胴衣着用を周知 沖縄総合事務局と石垣海保合同

海難事故発生状況(平成30年)(円グラフ)。船舶検査済証や消防設備などのチェックパトロールなどを行う沖縄総合事務局と石垣海上保安部の職員ら=28日午前、新川漁港(左写真)

 船舶事故削減のため全国で実施されている「小型船舶に対する安全キャンペーン」で、内閣府沖縄総合事務局と石垣海上保安部の職員が28日、新川漁港と石垣港八島埠頭(ふとう)近辺で船舶検査済証や消防設備などの確認パトロールと操縦者へのリーフレット配布を行った。背景には日本の船舶事故で小型船舶が7割以上を占めている現状がある。
 国土交通省の資料によると、2018年の海難事故発生状況は2189隻。このうち海洋レクリエーションに使用されるモーターボートやヨット等の「プレジャーボート」が981隻(約45%)、漁船539隻(約24%)、遊漁船80隻(約4%)と、小型船舶が合計1600隻(約73%)。
 小型船舶事故の発生原因は、海上衝突予防法で義務付けられている、航行する船舶の常時適切な見張りの「不十分」(約18%)、発航前点検で回避できる「船体機器整備不良」(約11%)で、合計で3割ほどを占めている。
 パトロールでは▽見張りや発航前検査の実施など、小型船舶操縦者の遵守事項の徹底▽船舶検査の適切な受験の確認・案内▽ライフジャケット着用義務拡大の周知―などが指導された。
 また、パトロール前には八重山漁業協同組合に伊良部幸吉代表理事専務を訪れ、周知・指導の協力を求めた。
 沖縄総合事務局運輸部船舶船員課の玉城努課長補佐は「漁業する方だけでなく、プレジャーボート乗船者も必ずライフジャケットの着用を」と訴えた。
 例年、ゴールデンウイーク前から初秋にかけて小型船舶事故が多発していることから、キャンペーンは4月22日から8月30日まで実施。5月末までは強化月間となっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第30回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(主催・与那国町)のサブイベントで6日、久部良漁港隣の…
ページ上部へ戻る