女子高校生ら大麻所持疑い 10人摘発 SNSで売買も 県警

県警が押収した大麻。タバコのケースなどに隠していた事例もあった(県警提供)

 県警は6日、大麻を所持したり、譲り渡したりしたなどとして、大麻取締法違反の疑いで、3月から5月末にかけて沖縄本島の女子高校生ら少年少女5人を逮捕、男子大学生ら少年少女5人を那覇地検などに書類送検したと明らかにした。

 県警によると、「興味本位だった」「友人に勧められた」などと供述。中には「体に影響はないと思った」と話している者もいるという。県警は、会員制交流サイト(SNS)を通じて売買が行われていた可能性があるとみて捜査している。
 4月18日に自宅で大麻を所持した疑いで現行犯逮捕された女子高校生は、他の高校生ら複数人にも大麻を譲り渡した疑いが持たれている。
 県警の捜査対象となっている少年は23人。このうち事件発生直後に在学していた者も含め、高校生は計14人だった。今後も検挙者が増える可能性もあるという。
 県警が発表した少年絡みの大麻事件は6件で、市民や関係者からの通報、職務質問などで発覚した。少年が自首したケースもある。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、トランプ米政権が日本政府に対し、現行から5倍の増額を…
  2.  2017年から2年間で沖縄に漂着したごみ約6871立方㍍のうち、半分が八重山諸島への漂着であること…
  3.  県は18日午後、文化功労者の表彰式を県庁で行った。八重山からは、八重山古典民謡保持者の金城英皓氏(…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日~19日、日本国際貿易促進協会(会長・河野洋平元衆院議長)に同行して訪中した…
ページ上部へ戻る